買い取れない本

このページでは、買取が難しいと言われる本についてご紹介します。
買い取れない本とはどんなものかを知ることによって、今回は売らない・この本は別で処分する。など買い取りの際の選択肢が増えるというメリットもあります。
買取が難しい本を先に知っておくことで、無駄な労力をかけずに賢く本を売りましょう!

本の種類

一般的に買い取れない本の代表的なものとして雑誌があげられます。
多くのお店では買取不可、または1円買い取り・無料引取り等、ほとんど値段がつかない場合が多いことかと思われます。
私自身も大量の雑誌を売りに行ったことがあったのですが、買取不可能と査定をされた上、処分料金がかかると言われ、重たい雑誌を持ち帰った経験があります。

本の状態

本の痛みの種類

次に、買い取れない本として、状態が著しく悪いものがあげられます。
例えば、表紙がビリビリに破けていたり、表紙がシミだらけであったり、本の側面に目立つ日焼けや黒ずみ・シミ・汚れなど、何か本に目立つ問題があるものは値段がつかない場合が多いです。少し濡れたりして一部文字が読めない本等も危ないかもしれません。
買い取りに出す前に「汚いけどこれ値段つくのかな・・?」と思ったら、「捨てるよりはいいかな・・・?」と気持ちを切り替えた方が良いのかもしれません。

書籍やマンガ本などで「このシーンが良かった」「この言葉に影響された」など、誰でも書籍やマンガ本に思い入れがある方はいらっしゃるかと思います。
そんな思い入れのある本でも、本の側面がひどい汚れだったり、表紙が破れていたりすると買取対象外になる可能性も十分に考えられますので、 本の買取を依頼する前に「送る本はコレ!」とよく確認しておきましょう。

発行年

isbn説明画像

最後に、買い取れない本として発行年度が古い本があげられます。
発行年度を調べる指標として・本の裏にバーコードが無いものや、「ISBN」と書いてないものは古い。というものがあります。
なぜなら、バーコードが無いものやISBNと書いてないものは、そういう規格が出来る前に作られた本なので古い本となります。

「古い本だからきっと高い値段がつくかも?」と思うかもしれませんが、実はそんなことはほとんどなくて、買取対象外となる場合がほとんどです。
特に全国でチェーン展開などをされている古本屋さんだと、査定をするのがアルバイトの方であるのがほとんどです。
査定のスピードをあげるために、マニュアルとして「古いものは対象外」というものがあっても何らおかしくはありません。
価値があると思うのであれば、骨董品屋さんに買い取りをお願いした方が結果的に良かったりすることもしばしばです。

しかし、古くて買い取れない本でも多くの買い取り店が無料引取りサービスを行っていますので、引越しの時や、新生活の準備などの忙しい時期に 目的に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

買い取れる本・買い取れない本をきちんと理解し賢く本を売りましょう!